So-net無料ブログ作成

日本のリズム [味村ノート]

 民謡が近ごろちょっとしたブームを呼んでいる.NHKの「民謡をあなたに」が,視聴率10%をいつも上廻っているという.レギュラーの金沢明子は,去年の春までほとんど無名に近かった.それが,持ち前の人なつっこい顔と,時折ジーンズやパンタロンで歯切れよく歌うことで,茶の間の話題をさらっている.彼女の人気は「民謡界の山口百恵」だそうだ.

◇ 七五調は4拍子
 ところで,日本の民謡を聞いて気がつくことは,そのリズムが二拍子か四拍子で,三拍子がないことだ.もっとも「五木の子守唄」は三拍子だが,これほ例外中の例外だ.
 となりの韓国では「アリラン」をはじめ三拍子が圧倒的に多い.ヨーロッパともなれば,ウィンナ・ワルツはいうまでもなく,三拍子の民謡はずいぶんとある.イギリスでは国歌も三拍子だ.ソナタの第3楽章はメヌエットだが,これも三拍子だ.

 してみると,二拍子や四拍子は日本人に格別に合うリズムなのだろうか.昔から,和歌や俳句にみる七五調,広くいえば七と五との組み合わせは口調がよいといわれてきた.民謡もその例を外れない.たとえば「佐渡おけさ」なら「佐渡へ佐渡へと 草木もなびく 佐渡は居よいか 住みよいか」で,たしかに7775になっている.

 別宮貞徳氏は「七五調は四拍子」という(「日本語のリズム」講談社現代新書488).
 「日本語は,どの音(音節)もほぼ同じ長さ(時間)で発音される.これを等時性という.…たんに字数(いいかえれば音数)を取るかぎり,五音句と七音句の時間の比は,等時性の原理によって5対7になるはずだ.しかし,実際には,間(ま)が入っている.さて,その結果はどうなるか.」

 別宮氏は三十一(みそひと)文字,つまり和歌を使って,57577が8888となることをあざやかに解く.それにならえば「佐渡おけさ」はこうなる.「佐渡へ佐渡へと‥‥」をロボットよろしく,抑揚も休止もなく,頭からずるずると「サドへサドへトクサキモナビクサドハイヨイカスミヨイカ」などとは読まない.・を1字分の間(ま)とすると「サドへ・サドへト クサキモナビク・ サドハ・イヨイカ スミヨイカ・・・」と読むだろう.7775といいながら,時間的な長さにすれば8888だ.1字分を八分音符(♪)とすれば,これはまさしく四拍子にほかならない.

4拍子.jpg


◇ 騎馬民族は3拍子 農耕民族は4拍子
「三十一字とか,57577とか,おもてにあらわれた数字ばかり人びとは気にして,それがすなわち短歌のリズムであると思っている.‥‥‥57577という数自体になんのリズムもない.短歌形式に限らない.五七調であれ七五調であれ,五音と七音を組み合わせたものはみな同じ.たしかにそこにはリズム=律動がある.それは音楽の四拍子である」と別官氏はいう.
 別宮氏の四拍子論は,ひとつの大胆な仮定を提示する.それは「騎馬(遊牧)民族は三拍子である」と想定して「日本の四拍子文化は,先祖が農耕民族だったからである」というものだ.
 乗馬で速足のとき,ただ乗っているだけでは尻を打つ.馬が跳ねたときに自分から跳ね,積極的に上下動を加える.これは歩行や地上に密着した農耕でのりズムとは違うリズムを生む.農作業は,押す引く,あげるさげる,右左という動作で行なわれるから,二拍子系のリズムにしかならない.別官氏の推測は,こうまとめられる.
 と,ここまで書いたら,めずらしく金魚売りの声が聞えた.もっともクルマとスピーカーでは,従前の情緒はカケラもない。それでも「キンギヨーェ,キソギヨー」はちゃんと四拍子だ.世の中変わっても,この日本のリズムは日本人の内在律として,どっこい生きつづけている.

[目]

本文の書き出しで「えっ?!」と思われた方、今回の味村ノートは1980年頃に某誌に掲載された一文からの転載です。ちょっと例が古いのはそのためですのでご容赦ください。しかし、80年代はクルマでとは言え、金魚売りが未だ住宅街を流していた時代だったようです。30以上年前のことですっかり忘れております。「金魚売り」以外にも、子供の頃は「風鈴」「石焼き芋」「豆腐」「納豆」・・・、売り声と共におとずれる物売りは、何となく季節感や一日のリズムを感じたものです。天気・天候や風物も、風情などすっかりなくなった最近です。

古くは「さおやーさおだけ」の「物干し売り」、最近はトラブル多発だといわれながら、未だに健在なのは、ちょっと不思議に思っています。我が家では、竹ならぬステンレス竿の購入先はDIY(Do It Yourself)、と言っても、竿を買うことは滅多にありませんが・・・。


[いす]
〇 [味村ノート]については→こちら 
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
食費無料のアルバイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。