So-net無料ブログ作成

なるほど!ザ・タマゴ [味村ノート]

 コロンブスがアメリカを発見して帰った時,イスパニヤ人の喜んだことは非常なものでした.一日祝賀会の席上で,人々が代る代る立って,コロンブスの成功を祝しますと,一人の男が,「大洋を西へ西へと航海して,陸地に出あったのが,それ程の手がらだったろうか.」と言って冷笑しました.これを聞いたコロソブスは,つと立って,食卓のゆで卵を取り,「諸君,試みに此の卵を食卓に立ててごらんなさい.」と言ひました.人々は,何のためにこんな事を言ひ出したかと思ひながら,やってみましたが,もとより立たうはずはございません.この時コロンブスは,こつんと卵の端を食卓に打ちつけ,何の苦もなく立てて申しました.「諸君,これも人のした後では,何のざうさもない事でございませう.」

 「コロンブスの卵」(小学国語読本巻八の第二十二)の全文だが,昭和ヒトケタ世代にはなつかしい話だ.文面ではゆで卵だが,生卵でも尻の方,つまり丸味のある方を軽くつぶして立てることができる.ここに気室があるからだ.机の上に塩を少々まくと,つぶさなくても生卵は立てられるという.
 生卵かゆで卵かは,割れば一目瞭然だが,何とも芸がない.エレガソトには,回せばわかる.ゆで卵は勢いよく回るが,生卵はそうは回らない.中身が液状で,慣性抵抗があるからだ.その代り,回っている生卵は,指でちょっと止めて,すぐに離すと,再びゆっくり回り出す.ゆで卵を横に回すと,自然に立ってくるが,これは「逆立ちゴマ」の原理によるためという.

 ここで問題-.生卵を割らずに1メートル落すには? 正解は,1メートル10センチの高さから落せばよい.少なくとも地上から10センチまでは,そのままだ(「からだひらめき思考,PartⅣ」別冊サイエンス).

卵が先かニワトリが先か」をはじめ,卵に関することわざやたとえ話の類は,ずいぶんとある.
 昔,子思という人が衛の国主に「苟変(こうへん)は将の才がある」といったところ,国主は「それはよく知っているが,彼は役人時代,人民から卵2個を徴収したから,将に採用しないのだ」と答えた.そこで,子思は「聖人が人を用いるのは,匠が木を用いるようなものだ.長所を取り短所を棄てるべきだ.杷梓(きし),つまりかわやなぎやあずさのような良材に数尺の朽ちた部分があっても,良工は棄てない.いま爪牙(そうが)の士,つまり君主を助け守る人材を選ばうとするとき『二卵を以て干域の将を棄つ』.隣国に聞かせたくない話だ」といった.国主は再拝して,この教えを受けたという.
 資治通鑑の話だが「二卵を以て……」とは,過去のわずかの欠点をとがめ立てて,あたら有為の人材を失うことの[たとえだ.「すると,元首相某氏を政界から追放するのも二卵を以て‥‥‥」と考えると,これは「卵を見て時夜(じや)を求む」ことになる.
累卵人60M.jpg
 「卵を見て時夜を求む」荘士の斉物論篇に「見卵而求時夜,見彈而求鴞炙」[卵を見て時夜を求め,弾(だん)を見て鴞灸(きょうしゃ)を求む]とある.ニワトリの卵を見ただけで時を告げさせたいと思い,鳥を射つ弾を見ただけで焼き鳥(鴞灸)を欲しがるの意で,物事の順序を考えずに大早計することをいう.
「卵を見て・…‥」が横行するようでは,世の中「累卵の危」だ.つまり,こわれやすい卵を積重ねて,いつくずれるかわからない危険千万というわけだ.「卵を渡る」も同じような意だ.

 ここで問題-.「累卵の危」「卵を渡る」を英語では? 正解は,tread upon eggs で,文字どおり卵を踏みつぶすという.続いてもう一問.teach my grandmother to suck eggs に当る日本語のことわざは?正解は,卵と関係はないが「釈迦に説法」だ(川省堂カレッジクラウソ英和辞典).

 「卵に目鼻」、丸ぽちゃで色白でカワユーイ顔をいう.世の中にありそうもないことは「卵の四角と女郎の誠」.昔から,卵は丸いものと相場がきまっている.だが,円でもなければ楕円でもない.つまり,卵形(たまごなり)だ.かのデカルトも,この卵形に魅せられたようで「卵のような楕円曲線」を表現する公式を発見したという.

 糸と鉛筆とで円を描くには,糸の一端を固定し(ここが中心),他端を鉛筆に結び,糸をピソと張ってグルリと描けばよい.楕円ならば糸をだぶつかせて両端を固定し(ここが焦点),糸を鉛筆でピソと張って描けばできる.糸の両端を(A)と(B),鉛筆の芯を(P)とすると,PA+PB=一定となるPの軌跡が楕円というわけだ.

 卵形は,これらの応用で描ける.円のときと同じように糸の一端を固定(A),他端を鉛筆に結ぶが,糸を別の一点(B)に引掛けて折返し、糸(AB)上に任意点(C=P)を置く,鉛筆の芯を(P=C)として楕円と同じ具合に描けばできる.つまり,卵形はPA+2PB=一定となるPの軌跡というわけだ.
デカルト卵形M160.jpg


 過日,宇都宮に所用があり,上野駅へ行った.発車までの時間つぶしにホームをぶらついていると,キオスクでゆで卵が目にとまった.例の網袋に入ったヤツだ.久振りでもあり買ってみた.穀を始末する紙袋に「塩入り」とあるが,塩が見当らない.取換えてもらおうとしたら,発車ベルだ.ツイてないわいと,殻をむきロに入れて驚いた.ナント中身が塩味になっている.なるほど,間違いなく「塩入り」で,看板に偽りなしだ.いったい,どうして作るものやら,ご存知の方はぜひ教えていただきたい.実は,この「タマタマ卵を買ってマゴマゴした」のが本稿を書くきっかけというわけだ.念のため「タマゴ」の末尾を捨ててタマタマ,頭を切ってマゴマゴと洒落たつもりだ.

 ここで最後の問題-!.ならば,卵の胴中を抜いたら? 正解は「マヌケ」.これは,いささかはしゃぎ過ぎかも知れぬ.お気に障った節は,平にご容赦.


[本]
文中の卵形曲線、デカルトの卵形線[ mPA+nPB=一定 m=1 n=2 ]を描く時は、コルクボードとピン(画鋲)があると描きやすいです。鉛筆さばきに少しコツがいるかもしれません。[ m=n ]だと楕円になってしまいます。次の三点による方法も、三点の取り方(ピンの置き方)によって卵になったりおむすびになったり、ちょっと楽しめます。(GPA Talks)
ovalanim_120.gif
  Portrait of the Artist as a Big Loser:Robert Dickau
   http://www.robertdickau.com
   URLリンク確認は2014年5月



[目]

今回の[味村ノート]は「なるほど!ザ・ワールド」が放映(1981~1996)されていた頃の一文でしょうか。
[元首相某氏]はさておいても、「二卵を以て……」は、日本のマスコミの得意技かと思うほどです。最近は、マスコミばかりではないのかもしれません。若さ故の[雑さ][勇み足]は、失敗を招かないうちに諭すのが、年長者の大切な役割の一つです。杜撰なチェックや体制で済ませておきながら、後になって、自己弁護と保身のためか、若い人のミスや雑さをあげつらうのは、年甲斐もなく無様に感じます。[一流の化学者 = 一流の人間]であるとは露ほども思いませんが、テレビで会見を見ていると、何とも情けない限りです。キリストですら死の殻を破って復活(イースタ)したといいますから、「卵に目鼻」のかわいいお嬢さんにも頑張ってほしいですね。

ちなみに塩味つきゆで卵は、卵をゆでた後、濃い(飽和)食塩水に長めの時間(数時間程度)漬けるのだそうです。浸透圧の原理で塩水が卵に移動していくのでしょうが、ご家庭でもできそうです。


[いす]
〇 [味村ノート]については→こちら 
〇 イラストは下記URLよりフリーイラストを使わせていただきました。
   http://peoples-free.com/index.html
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 1

makimaki

訪問しました
by makimaki (2014-05-06 09:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
食費無料のアルバイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。