So-net無料ブログ作成

緩急よろしきを得る [味村ノート]

書き出し□□には、[徒然草]を読むだろう、ご自身のシーンを当て嵌めてください。


緩急S.jpg □□□□□□□□□□□□□□、『徒然草』としゃれてみた. その49段に,
「速にすべき事を緩くし,緩くすべきことを急ぎて,過ぎにしことの悔しきなり.その時悔ゆとも,かひあらんや」とある.

 いやなことは,早く解決すべきであるのに,つい1日,2日とあとに回わしたくなる.しかも,遅れるほど,話はこじれるものである.どうでもよいことは,気が楽だから,先に片付けてしまう.

 電話にするか,手紙にするか.自分で行くか,とりあえず誰かに行かせるか.上長と相談してからにするか,自分で決断するか….これらが緩急よろしきを得ないと,毎日の仕事がうまく運ばないのである.

 いまの世の中も,60年代に緩急を取り違えた結果といえないこともなかろう.だからといって,いまそれを後悔しても仕方がない.むしろいまこそ,速やかにすべき事と緩くすべき事を見きわめて,その時に悔いのないようにしたいものである.


[目]

「モノ不足,エネルギー不足に,南の日だまりで『徒然草』としゃれてみた.」
原文の書き出しです。1974年オイルショック頃に書かれた一文でしょうか。

緩急を取り違えると、どうも拙いことが起きることは歴史が示しています。このところ、個人の大事、国の瑣事、いずれを見ても緩急の取り違えが多く、不安ばかりで困ります。兼好の言うような[仏道]は無理ですが、せめて[人道]を、今からでも心して生きたいところです。


[いす]
〇 [味村ノート]については→こちら 
〇 イラストは下記URLよりフリーイラストを使わせていただきました。
   http://peoples-free.com/index.html
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
食費無料のアルバイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。